株式会社おらんく


America Location DiaryB

今回はあくまでお仕事での渡米。ほんとでっせ!!
疑り深いあなたの為に、撮影現場でのスナップを幾つか
お見せしますね。


1)これは現場となった商店街の名前。100年ほど前にアメリカへ渡った日本人達が 最初に目にした地域でもあります。

3)アメリカンエキストラの皆さん。
この日のエキストラ数、実に150人。
圧巻でした。



5)羊も気分はすっかりアメリカン。
ヘイ、ナイスチューミーチュー♪
後ろに見えるはスミスタワー。
100年前からある建物だそうです。
2)今回の羊はこんな感じでしたの。
なんかこういう絵画見たことない??
気のせい??

4)現場となる店の前には、
こうした露店が並び、

6)小道具のジャガイモは、顔よりデカイ!!
さすが穀物王国アメリカ!えっと、これを   日本で買ったら一ついくらする・・・以下略。


撮影二日目の現場は大草原の小さな家。父さんが馬車を引いてやってきそうですね。
お天気は見ての通り、ビビる程の快晴。
サンスクリーンさま様でした。

10)空はどこまでも青く、








7)この聡明なお二人は羊の子供たち、という設定。高校生と中学生です。日系アメリカンの二人。恐ろしく美しい英語を話します。当たり前ですけど。いやほんとに。お兄ちゃんの方は、役者か研究者になるそうです。
なんだその振り幅!



9)空にぽっかりと浮かぶ昼の月。


11)大地はどこまでも続いて。

12)今回羊がアメリカで最も心通わせ愛したのが彼、名前はビッグ。トレーナーの女性に「You need him(笑)?」と言われてしまった程、すっごく可愛かった!!!

13)そんなこんなで、働いたり遊んだりしながら楽しんできましたアメリカ。
14)やたらカラフルなとこも
やたらでかいとこも
やたら満腹なとこも
最初こそいちいち驚いていたけれど
最後はちゃんと郷に従い
無事に日本へ帰って来ました。





15)皆さん、応援&お祈りありがとうでした♪
  次回の写真館は、どんなシーンかな。
  それまで暫く、ごきげんやふ。
 


株式会社ORANKU(おらんく)
〒158-0097 東京都世田谷区用賀4-11-17-406